画像安定装置ってどんなもの?

画像安定装置とは映像信号内のノイズをクリアにして劣化した画像を編集できる装置のことです。



その作業の途中にコピーガードを解除してしまうという機能があります。つまり画像安定装置があればダビングやコピーが楽に編集できるようになるのです。地上デジタル放送や1回のみの録画機能のBSデジタル放送も同じです。
合法な製品でHDMI機能搭載型やワイド信号対応機器など種類も豊富です。

画像安定装置としての価格帯としては2万円前後のものが基本で、格安パッケージなら配線もシンプルな1万円台のものも販売されています。画像安定装置とCATVチューナーがついて2万円程度で購入できる製品もあります。

OSD機能付きが最高グレードで、ワイド信号簡易モデル、安定動作定番モデル、超小型計量モデルとグレードごとに分かれています。



比較する対象としてはデジタルTBC、アップダウンコンバータ、3Dノイズリダクション、音声レベル調整、Y/C分離3次元、ワイド識別信号変換機能、入力セレクター機能、オートREC機能対応、ワイド信号識別対応などの違いを比較すると機能性の違いがわかりやすくなります。

画像安定装置でコピーする方法としては装置をつなぐだけですので簡単にDVDにコピーできます。

産経ニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

購入する場合には新品を購入すること、電化製品と同様に保証がついているもの、通販なら特に初期不良交換や使用不可能な場合の返品保証がついているサービスを選ぶのがおすすめです。